ファイバー導光式炭酸ガスレーザーシステム(CVL-3020)導入しました。

mf44

高性能で動物に限りなく負担の少ない “超”低侵襲 施術を実現。
無麻酔もしくは局所麻酔のみで 体表腫瘤(イボ)の蒸散 などが可能です。
(動物の性質などにより麻酔が必要となる場合もございます。)

負担をかけず処置が短時間で終わりますので、全身麻酔のリスクが高い老齢動物や心・腎疾患などをもっている場合にも適しています。

また歯肉過形成や良性の口腔内腫瘤(エプリスなど)でも良好な効果を発揮します。 ※状況で麻酔下での処置